GROUPE L’OCCITANE

Recruiting Site

Company(ロクシタンの商品)

自然の恵みをたっぷり受けた素材、伝統的な製法、環境に配慮したものづくり。

ロクシタンでは、スキンケア、フレグランス、ボディケア、バス製品、ホームフレグランスという幅広い商品ラインナップを展開しています。添加物・着色料は使用せず、主原料は植物由来。植物療法やアロマテラピーの理念に基づいて作られ、パッケージデザインから材料選定まで、環境への影響を考え抜いています。

オーガニック原料もトレーサビリティーも。厳しいフォーミュラ基準を確立。

植物療法とアロマテラピーの原則に従って開発された品質の高い製品を。プロヴァンスのライフスタイルにインスピレーションを受けて開発されたテクスチャーと香りは、使うたびに幸せと喜びの感覚をもたらしてくれます。
人と環境に配慮し、高い品質・効能を保持しながら、この快適な使用感を維持するために欠かせないものの一つに、厳密なフォーミュラ基準があります。高品質かつ産地のトレーサビリティーが可能な自然原料の使用を追求。厳選された200種類以上の植物原料の4分の1はオーガニック認証を受けています。もちろん、可能なかぎり自然の原料を選択。徹底したこだわりが、私たちの品質の基本です。

製造にかかわる人々も笑顔に。原料のプロセスにもこだわっています。

スキンケア、フレグランス、ボディケア、バス製品、ホームフレグランスという幅広い商品ラインナップ。これらはすべて植物療法やアロマテラピーの理念に基づいて作られています。ローズやオレンジ、ラベンダーなどの花や果実、グリーンティ(緑茶)、オリーブやアーモンドなどの植物由来の原料を使用。また、独自の倫理的ガイドラインも採用しています。たとえば、原料の生産過程において、児童労働をさせていないことや、動物実験をおこなっていないことを保証するなど。確固たる信念として表明しています。アフリカ原産のシアバターは生産地であるブルキナファソの女性たちと相互連携して製造。製造にかかわる人々と、お互いが繁栄する関係を目指す。私たちの譲れないポリシーです。

信念がぶれずに、未来へ語り継がれる秘密。True Storyという物語の存在。

創設者のオリビエ・ボーサンは、プロヴァンス地方の伝統を再現すべく、野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを精製し、地元のマルシェで販売。これが村人たちにたちまち受け容れられたことで、ロクシタンというブランドはスタートしました。現在もロクシタンの製品は、創業当時の想い―プロヴァンスの自然と伝統を敬愛し、継承すること―を大切にしながら作られています。それを象徴するものが、製品がカタチになるまでの背景を伝える“True Story(真実の物語)”の存在です。今日もショップスタッフたちは、商品に込められた物語である“True Story”を語り、商品の魅力を伝えています。商品の性能や成分などの事実を語るだけでなく、想いや願いまで語ることができる。ロクシタンの信念は、ぶれることなく、こうして未来へ語り継がれていきます。

パッケージデザインから材料選定まで。環境への影響を考え抜いたものづくり。

機能性やデザインが優れたパッケージが、必ずしも環境にいい影響を与えるとは限りません。そこで、製品パッケージによる環境影響を継続的に減らしていくことを目的としたガイドラインを採用。詳細なガイドラインに従い、製品の製造と販売を決定しています。たとえば、環境汚染の少ない材料や、リサイクルされた材料、管理された持続可能な森林地帯から調達された資源や再生可能な材料、簡単にリサイクルできるパッケージデザインなどです。ヘアケアやバス製品のパッケージでは、ボトルと比較して65%~90%のプラスチックを低減できるエコレフィルの使用を積極的に増やしています。もちろん、新製品の構想から開発にいたるまで、あらゆる段階で環境影響の評価も。製品に責任を持って販売を開始する上で欠かすことのできない、重要なプロセスの一つです。